「かんまーむじーく のおがた」について

「かんまーむじーく のおがた」の活動は皆様のご支援に支えられ、成り立っております。是非一度、福岡県直方市にある直方谷尾美術館で行われている室内定期演奏会にお越しください。他のコンサートホールでは味わえない感動がここにはあると思います。

また、賛助会員になっていただけますと、下記のような特典もございますので、併せてお待ち申し上げております。

<特典>直方谷尾美術館室内定期演奏会のチケット、会報

<申し込み方法>下記までご連絡願います。

直方谷尾美術館室内定期演奏会奏会の趣旨

 ・聴衆を育成して、室内楽を深く愛する集まりを作る。

 ・そのためのプログラム構成・企画を長期的に練る。

 ・聴衆・市民に活動を助成する参画意識の啓発。


尚、これは私たちの演奏会がオリジナルではありません。

福岡発の弦楽四重奏団、福岡モーツァルト・アンサンブル(1974-1994)を主宰されていた岸邉百百雄さんと事務局の田中孝さんによる主題を直方という地域を配慮して変奏したものです。




かんまーむじーく のおがた代表の渡辺伸治氏について

この応援サイト管理人である私と渡辺氏との出会いは、この直方谷尾美術館 室内楽定期演奏会。

私はこれまで幾多のコンサートに通ってきましたが、その演奏会の質の高さにこれまで経験したことがなかったような感動を味わいました。

演奏会の質の高さ、それはその演奏だけではなく、そこにいらっしゃるお客さんも演奏会場もその運営もパンフレットも全て含めた総合的なもの。そして、この素晴らしい上質な演奏会をコツコツと築き上げてこられたのが渡辺氏。

そんな活動を少しでも応援したい、私に何が出来るのか?と考えた結果がこのサイトを立ち上げることでしたが、そうしたいと思わせる何かをお持ちの方が渡辺氏。

その個人的なクラシック音楽普及活動(「その他の活動」をご覧ください)も含め、ともかく全身全霊、全力で頑張っておられるそのお姿にはただ敬服するばかり。

このチェロに対する真摯なお気持ちが全てに通じているように思えるのは、私だけでしょうか?

この方と知り合うことが出来たのも不思議な縁の賜物。

私はこんな渡辺氏を出来得る限り応援していきたいと考えています。