祝デビュー、福岡弦楽四重奏団

 福岡弦楽四重奏団のデビュー演奏会。

 4人の意思統一がしっかりとなされて、一人の人格を築き、弦楽四重奏団の第一歩を踏み出していました。

 これは四重奏団の要であり、また最も難儀なところでもあります。

 第1ヴァイオリンの扇谷さんに負うところが大きいのですが、4方の切磋琢磨の賜物と言えましょう。

 今宵はもうこれで十分です。

 1曲目のモーツァルトを弾き終えた後、4方の労いに対してオーディエンスの惜しみない拍手、そして喜びの空気が湧きました。

  福岡発弦楽四重奏団のデビュー、近年の福岡市での演奏会で最も有意義なものの一つでしょう。

 また、コロナ禍に明るい希望をいただきました。

 ありがとうございます。

 継続的な活動を願っています。

-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪- 

併せて、4/5の記事も掲載しておきます。

 明日、福岡市に弦楽四重奏団が産声を上げます。

 九州交響楽団ソロ・コンサートマスター、扇谷泰明さんを第1ヴァイオリンに、飯田拓斗さん、田邉元和さん、石原まりさん、全員が九響の楽員です。

 九響のコンサートマスターが弦楽四重奏団を設立するのは、岸邉百百雄さんの福岡モーツァルト・アンサンブル(1975ー94)以来ではないでしょうか?

 現在、九州では常設の弦楽四重奏団が不在です。

 この生まれたての弦楽四重奏団の成長を見守っていきましょう!



かんまーむじーく のおがた応援サイト

直方谷尾美術館室内楽定期演奏会を主催する「かんまーむじーく のおがた」の公認応援サイト。 代表の渡辺伸治氏がFBでアップされた記事を基本的に「そのまま」転記・紹介いたします。 ※「演奏曲目【目次】」頁はこれまで演奏された曲を全て掲載。室内楽の曲目解説としてもご利用いただけます。 ※「渡辺氏の独り言」頁を新設。こちらの記事も少しずつ遡って追加していきますので、お楽しみに!

0コメント

  • 1000 / 1000