「音楽の友」5月号に第34回定演のレビュー掲載!

嬉しいニュースです。

「音楽の友」5月号に、3月17日(日)開催の第34回直方室内楽定期演奏会 田中香織さんのリサイタルのレビューが掲載されました!

かんまーむじーく のおがた代表の渡辺伸治氏の喜びのコメントを2つ、ご覧ください。


まずはかんまーむじーく のおがた代表としてのコメント。

-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-   

 高評をありがとうございます。

 演奏や楽曲の印象が手に取るように感じられる文章で綴ってくださいました。

 また美術館展示室の響きについても添えてくださり感謝です。

-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-  

そしてこれがその掲載文面です。

それでは次に、渡辺氏の個人的なコメント。

-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-  

【嬉しいニュース】

 全国紙に室内楽定期演奏会のレビューを掲載していただいたのです。

 連続テレビ小説「なつぞら」での草刈正雄演じるおじいさんの言葉が響く。

 「ちゃんと働けば必ずいつか、報われる日が来る。

 報われなければ働き方が悪いか、働かせる者が悪いんだ。

 そんなとこはとっとと逃げだしゃいいんだ。

 だがいちばん悪いのは、人がなんとかしてくれると思って生きることだ。

 人は人を当てにする者を助けたりはせん。

 逆に自分の力を信じて働いていればきっと誰かが助けてくれるもんだ。」

-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-  

連続テレビ小説「なつぞら」にどっぷりハマっている渡辺氏らしいコメントにちょっと笑ってしまいましたが、本当におめでとうございました。


応援している我々も、こうして全国レベルの雑誌で高評価をいただいて悪い気がするはずもありません。

次回以降の演奏会にも期待しましょう!

尚、残念なことにその「音楽の友」5月号付録のコンサートガイド&チケットインフォメイション56ページに掲載の5月19日(日)の演奏会内容が誤って刷られていました。

「音楽の友」側のミスで前回の演奏会のプログラムが記載されていたのですが、正しくは以下のとおりです。


直方谷尾美術館第35回室内楽定期演奏会 

九州の音楽家シリーズ9 Ensemble+PLUS

バロックから私たちの時代の楽曲で祝うベートーヴェン250歳

10夜のオマージュ

第3夜 ベートーヴェン29歳。成功の影にあった耳の疾患と孤独の苦しみとは?

開演:17:00 開場:直方谷尾美術館

料金:一般3100 学生1600(当日500円増)

定期会員会費10000(年間4回分)

問合せ:かんまーむじーく のおがた(渡辺)

電話:090-2078-5319

出演:佐藤仁美 葉石真衣(客演)ヴァイオリン、猿渡友美恵 ヴィオラ、重松恵子 チェロ

〇ハイドン 弦楽三重奏曲 ト長調 作品53-1

〇ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 第4番 ハ短調 作品18-4

〇ボロディン 弦楽四重奏曲 第2番 ニ長調

Webについては至急ご訂正いただきましたので、併せてご報告まで。



かんまーむじーく のおがた応援サイト

直方谷尾美術館室内楽定期演奏会を主催する「かんまーむじーく のおがた」の公認応援サイト。 代表の渡辺伸治氏がFBでアップされた記事を基本的に「そのまま」紹介。 以前の記事も少しずつ遡って追加していきますので、そちらもお楽しみに!

0コメント

  • 1000 / 1000