2/7 第41回、3/13第38回定期演奏会の再延期のお知らせ


またしても残念ながら、2/7の第41回、3/13の第38回のベートーヴェン・オマージュ演奏会が延期となりました。下記はそれを決定し、告知なさったかんまーむじーく のおがた代表の渡辺伸治氏のコメントです。

試練は続きますが、じっくり「楽興の時」を味わうべく、今は我慢。待ちましょう。

-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪- 

 実行委員長の渡辺です。

 私の誕生日である今日、残念なことを2件、お伝えせねばなりません。

2月7日 第41回定期演奏会 チェロ・リサイタル シリーズ9 渡邉辰紀さん 渡邉麻美子さん ピアノ

3月13日 第38回定期演奏会 九州の音楽家シリーズ10 山本亜希子さん Duoリサイタル 田島高宏さん ヴァイオリン

 上記2つの演奏会を再延期いたします。

 1月13日、政府より緊急事態宣言が発出され、福岡県も対象地域となりました。

 公演開催にあたり、人数上限5,000人と収容率50%以下の制限を満たしていること(既にチケット販売が開始されている演奏会については、開催制限を適用しない)とする見解が、政府より示されています。

 しかし、発出以来、2月17日の第41回を開催すべきかどうか、随分と悩みました。

 そこに1月15~17日にかけて直方市にて規模の大きなクラスターが確認!

 この状況での演奏会開催は不安・危険であるばかりか、演奏会に関わる全ての人にとって大きなマイナスとなると判断。

 断腸の思いで再延期を決定いたしました。

  主催者として、護らなければならないことがあります。

  来場者

  出演者

  サポート・スタッフ

  美術館職員

  上記の皆さんの家族

  そして直方市の文化施設から感染事例をださないこと。

 このことを重々に考えさせられ、そう悟ることができました。

 これほどの誕生日の贈り物はありません。


 今回の演奏会はチェロとピアノの編成でありながら、音楽の核である弦楽四重奏に匹敵する特別な内容となっています。

 皆さまの人生に重ねて聴かれれば、この上なく心が奮えるはずです。

 この先、この編成で同質のものを提供できるか?個人的に出会うことができるか?とさえ感じております。

 この「楽興の時」を望まれる方へ、この機会を護ることも主催者の使命です。

 延期日程は4月中旬を予定しております。

 追って連絡いたしますので、今しばらくお待ちくださいませ。

 そして3月13日の第38回については、フランス在住の山本亜希子さんが帰国できない状況にあります。

 良い方向に変わり次第、仕切り直します。

 2件の再延期、どうぞご容赦くださいませ。

 そして、この10日間の自己問答によって、もう一つの大きな誕生日の贈り物をいただきました。

 この演奏会のシリーズの理念の再確認です。

 それは

  オーディエンスの育成

  オーディエンス&市民の文化振興への参画

  福岡発弦楽四重奏団の育成・発信、オーディエンスとの絆づくり

  直方ブランドへの確立

です。

 演奏会開催はけしてゴールではありません!

かんまーむじーく のおがた応援サイト

直方谷尾美術館室内楽定期演奏会を主催する「かんまーむじーく のおがた」の公認応援サイト。 代表の渡辺伸治氏がFBでアップされた記事を基本的に「そのまま」転記・紹介いたします。 ※「演奏曲目【目次】」頁はこれまで演奏された曲を全て掲載。室内楽の曲目解説としてもご利用いただけます。 ※「渡辺氏の独り言」頁を新設。こちらの記事も少しずつ遡って追加していきますので、お楽しみに!

0コメント

  • 1000 / 1000