C.W.グルック 精霊たちの踊り 歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」より

 

  グルックはエマヌエルと同年生まれのドイツのオペラ作曲家で、これまでの歌唱中心のオペラから作品重視へと改革し、その後のオペラの源流を成しました。

 グルックはマリア・テレジアに仕えオーストリアを拠点とし、さらに音楽教師を務めていたマリー・アントワネットに伴ってパリへと移ったのです。

 「オルフェオとエウリディーチェ」はグルックのオペラの代表作です。

 「精霊たちの踊り」は第2幕のバレエの場面の音楽で、フルートの独奏で演奏されます。

 優美な主部と哀愁に満ちた中間部との対比が見事で、独立した小品として、フルートだけでなく様々な楽器で愛奏されています。


それでは、この曲の動画をどうぞ!

かんまーむじーく のおがた応援サイト

「かんまーむじーく のおがた」公認応援サイト。代表の渡辺伸治氏がFBでアップされた記事を基本的に「そのまま」紹介。 以前の記事も少しずつ遡って追加していきますので、そちらもお楽しみに!

0コメント

  • 1000 / 1000