日経新聞コラム2017.10.6【音楽振興の助成活用について】


2017年10月6日(金)日経新聞夕刊(北部九州)に掲載されたかんまーむじーく のおがた代表の渡辺伸治氏の原稿です(12日に全九州再掲載)。

また、以下は別のところで渡辺氏が書かれた文章です。

今回は助成をテーマに執筆しました。

 この室内楽定期演奏会の聴衆は120人ばかりです。その規模でありながら、入場料料金を3000円前後に抑えられているのは、助成と賛助会費のお陰です。

そして助成申請と賛助会の継続から沢山のことを学び、音楽振興と社会に求められる演奏会はどうあるべきかをさらに熟考するようになりました。

かんまーむじーく のおがた応援サイト

「かんまーむじーく のおがた」公認応援サイト。代表の渡辺伸治氏がFBでアップされた記事を基本的に「そのまま」紹介。 以前の記事も少しずつ遡って追加していきますので、そちらもお楽しみに!

0コメント

  • 1000 / 1000