母校、直方北小学校6年生、卒業おめでとうコンサート

 緊急事態宣言が明け、恒例のこの演奏会を実施することができました。

 修学旅行や運動会などの行事を全て失った児童に、拙奏がささやかな喜びとなれるかどうか?

 そこで、学校生活の思い出、友だち、好きな異性のことなどを音楽で喚起するようにと努めました。

 サーン=サーンスの「白鳥」では、これを聴きながら、あえて辛かったことを、悲しかったことを思い出してほしいと伝えました。

 思い出せるということは、もう思い出になっている、つまり、乗り越えたということ。

 それがこのコたちをたくましくしていると思うからです。

 毎年、みんな、とても真面目に演奏に耳を傾けてくれます。

 そして、その中で高い集中力や関心をこちらに放つ児童が必ず数人いるのです。

 そのビームにオヂざんはたくさんの力を感じつつ。

 ありがとうございます。

かんまーむじーく のおがた応援サイト

直方谷尾美術館室内楽定期演奏会を主催する「かんまーむじーく のおがた」の公認応援サイト。 代表の渡辺伸治氏がFBでアップされた記事を基本的に「そのまま」転記・紹介いたします。 ※「演奏曲目【目次】」頁はこれまで演奏された曲を全て掲載。室内楽の曲目解説としてもご利用いただけます。 ※「渡辺氏の独り言」頁を新設。こちらの記事も少しずつ遡って追加していきますので、お楽しみに!

0コメント

  • 1000 / 1000