B.バルトーク 15のハンガリー農民歌 Sz. 71

 バルトークは20世紀のハンガリーを代表する作曲家、ピアニストで、自国の民俗音楽の研究に貢献しました。

 20代の半ばに国際コンクールで良い結果が得られず、それが転機とってハンガリーの民謡採集を本格的に手がけるようになったのです。

 中でも古い農民歌との出会いは、これまで強い影響を受けてきた西欧音楽からの解放、自己のスタイルを確立する出発点となったのでした。

 

 この楽曲は採集した農民歌の基本的な性格を生かして、ピアノ独奏に編曲したもので、当夜はフルートとピアノ二重奏版で演奏します。

 15曲それぞれはとても短く、全曲は4部に分けられ、緩-急-緩-急の多楽章的な構成を取ります。

 第1部:「4つの古い旋律」と題された第1―4曲

 第2部:スケルツォ第5曲

 第3部:バラード第6曲

 第4部:「古い舞曲」と題された第7-15曲

 素朴な民謡たちですが、併せ持つ神秘性と瞑想性がバルトークを惹きつけてやまなかったのでしょう。


それでは、この曲の動画をどうぞ!

かんまーむじーく のおがた応援サイト

「かんまーむじーく のおがた」公認応援サイト。代表の渡辺伸治氏がFBでアップされた記事を基本的に「そのまま」紹介。 以前の記事も少しずつ遡って追加していきますので、そちらもお楽しみに!

0コメント

  • 1000 / 1000