【レビュー】第37回直方谷尾美術館 室内楽定期演奏会

恒例のアンケート紹介ですが、今回は一挙大公開したいと思います。


♯立秋を向かえ暑さも峠を越えたと期待される夏の夜のおだやかな夕べの一刻。熟練者による見事な演奏。相調和し至福の時が流れゆく。地方(直方)に居て、こんなぜいたくな時を味わえるとは!感謝感激の夕べでした。アンコール2曲も満足感を重ねるものでした。チェロとピアノの相性の良さも知りました。

♯ピアノとチェロの会話、大変心地良いものでした。まさに室内楽。楽しめました。

♯大変心にしみるチェロとピアノ。浄化された魂を感じています。

♯おとぎ話はお二人がハープを奏でているようでした。互いの音のかけあいが素敵でした。素敵な曲、素敵な時間をありがとうございました。

♭どうもありがとうございます。

チェロとピアノの掛け合いの美しさ、心地良さ等を皆様それぞれご自身の感性・お言葉でご披露いただき、主催者冥利に尽きます。


♯占部先生のピアノのベースが素晴らしかった。木越さんのちょんまげがかわいらしくソロ活動を始めて自由な雰囲気を楽しまれている様子。プログラムも最高でした。

♯一度来たことがあり、今回2度目です。身近で聞けるので音楽を体感できるのが良いですね。プーランクは初めて聞きましたが、なかなかドラマチックな展開がよかったです。チェロの太くてやわらかい音が印象的でした。

♯普段は聞けない&たぶんCDでは最後まで聞き通せないであろうヤナーチェクやプーランクの曲はお2人の生の演奏に引きこまれた。

♯重厚なベートーベンやロマン派のシューマンの演奏も素晴らしかったのですが、初めて聞いたプーランクのソナタは風が吹き渡るようなフランスらしい曲でとても印象に残り、ヤナーチェクの作品もこんな曲もこんな曲も書いているのかと思いました。チェロの新しい側面を見せてくださった今回の選曲と木越さん、占部さん、ありがとうございました。

♯チェロが大好きになりました。ベートーベンの独白を聞いているような心ある演奏にうたれました。ピアノ伴奏はいつも素晴らしいです。また来たいと思います。アンコールも2曲あり本当に来場して良かったと思いました。

♭ありがとうございます。

プーランクやヤナーチェクの作品はなかなか聴く機会がなく、またCDやYoutubeで何回も聴くより、実際に生の演奏を体験する方が何倍もその曲の魅力に触れることが出来ると考えております。

また比較的聴く機会の多いベートーヴェンの作品もこれから演奏者による解釈の違い等を楽しんでいっていただければと願います。


♯知っている曲などもあり、きれいな演奏で何を描いたものなのかなど考えてしまいます。とても楽しかったです。

♭ありがとうございます。

目の前で繰り広げられる演奏から「何を描いたものなのか」と考えていただいたと教えていただき、その豊かな感性に心から感動いたしました。これからもよろしくお願いいたします。


♯演奏者の息づかいが直接伝わってくるとともに地域に根付く谷尾美術館が誇らしく輝いてみえる。客のマナーもよく、皆ここを愛していることがよくわかった。九州の外の出身ですが、直方が好きになりました。

♭ありがとうございます。

直方というこの地で頑張っておりますが、このようなご意見を賜りますと本当に嬉しく思います。また我々の一番の宝であるお客様のことにも触れていただき、感謝申し上げます。


以上、一部ではありましたが、今回のアンケートをご紹介させていただきました。

引き続き、心に残る演奏会を開催していきたいと考えておりますので、またのご来場をお待ちしております。



かんまーむじーく のおがた応援サイト

直方谷尾美術館室内楽定期演奏会を主催する「かんまーむじーく のおがた」の公認応援サイト。 代表の渡辺伸治氏がFBでアップされた記事を基本的に「そのまま」紹介。 以前の記事も少しずつ遡って追加していきますので、そちらもお楽しみに!

0コメント

  • 1000 / 1000