日経新聞コラム2017.11.24【九響首席フルート大村友樹】

2017年11月24日(金)の日経新聞夕刊(北部九州)に掲載されたかんまーむじーく のおがた代表の渡辺伸治氏の原稿です。(30日(木)全日版(全九州)に掲載)

また、以下は別のところで渡辺氏が書かれた文章です。

今回は九州交響楽団首席フルート奏者 大村友樹さんの紹介です。

12月12日(月)は、回を重ねる度に熟していくEnsemble+PLUSとの共演です。

大きな期待がかかります。

「少女が純粋無垢に歌うように奏でる」。

大村さんには今年4月の第27回室内楽定期演奏会にご出演いただきました。

グノーの「小交響曲」第2楽章に素敵なフルート独奏があります。

大村さんの演奏は、この表現がピタリでした。

「誠実・真摯に生きれば、囲から支えられ、道が開けると信じたい」。

私を含めて、辛苦との闘いの渦中にある方々がこの記事を読まれて、希望と勇気を持っていただければと願いながら執筆しました。

 

その他の活動頁に戻る

かんまーむじーく のおがた応援サイト

「かんまーむじーく のおがた」公認応援サイト。代表 渡辺伸治氏がFBでアップされた記事等を編集して紹介しております。 以前の記事も少しずつ遡って追加していきますので、そちらもお楽しみに!

0コメント

  • 1000 / 1000